今は美唄暮らし

北海道の美唄(びばい)という小さな街で、いろいろデザインしながら暮らしてます

目の前に見えるものをそのまま

廃墟のようにフィルムカメラ

説明を加えてしまうと妙に陳腐になることってのが世の中には多々あって、なんだかまるで落語のサゲについてを延々と説明させられるようなそんな状況になってしまったら、さぞかし人生は困難なものになるんだろうなと思ったりもしたり。